迷ったらストレート!

野球、書評、Mac、iPhone、ももクロ、ライフハックなどを中心に、管理人みたんごが気になったことをご紹介

草野球やって数年で打率1割台から3割台までアップした自分なりの打率アップ方法4つ

      2013/01/31

th_IMG_1745

ぶっちゃけ草野球での3割がすごいかと言うとそうでもないですが、自分的にはとても大きな壁でした。

高校時代は打順9番、ランナーがいればツーアウトでない限りバント。ピッチャーをやらない時はベンチっていう位の打撃には期待されてない選手でした。その時はバッティングは嫌いでした。

そんな私が昨年3割を打てましたので、自分の成績と共に、思考錯誤の中で生まれた自分なりの打率アップ方法についてまとめます!あくまでご参考までに。

※私は右投げ左打ちです。とにかく単打でいいからヒットを打ちたい人向けです。

私の過去5年間の草野球打撃成績

私の打撃成績はこんな感じです。3年前までのデータを見るといかに活躍してないかが分かります。まるで、交流戦でのパ・リーグのピッチャーのよう。(09年は3割を超えているものの規定打席未満)

年度 打率 出塁率 長打率 OPS 打数 安打
08年 .128 .205  .154  .359  39   5
09年 .316 .409  .421  .830  19   6
10年 .174 .269  .261  .530  46   8
11年 .271 .368  .339  .707  59  16
12年 .316 .435  .368  .803  57  18

※08、09年は規定打席未満

11年の後半からあるきっかけを境に5連続安打をし、自分の中でいい感覚をつかめました。その感覚を何とかものにし、12年は年間を通して波の少ない成績を維持出来ました。

方法

1.打つポイントを後ろにずらす

普通は内角は前、外角は後ろですが、全て後ろにポイントをずらしました。もう少し具体的に言うと、内角を打っても引っ張れてセンター返しな位置です。当然バットの根っこよりでボールを打つことになりますが、内角を意識するあまり開いてしまうよりはましです。また、ポイントを後ろにすることにより、ボールを見極められるようにもなりました。これはイチローの考え方を参考にしました。(というかパクリです。)

2.軽いバットを使う

私が2011年に後半一気に打率が上がったきっかけの一つとして、軽いバットを使ったということが挙げられます。この軽いバットはチームのメンバーに借りたものなのですが、カーボン性でものすごい軽く、(600g台)非力な自分でも扱いやすいバットでした。

長打はまり打てませんが、野手の間を抜いたり、内野手の頭を越えるヒットでいいのであれば扱いやすいバットがいいです。

3.いい時の感覚をメモしておく

草野球は週一、二位しか生の投手を打つ機会がないと思います。今日はなんかいい感触だった!ということもそのままだと翌週には忘れてしまったりということがあります。なので、一言でもいいので野球ノートを書くようにしています。私はEvernoteに野球ノートを作っています。

4.チームに打撃をチェックしてもらう人を作る

自分の感覚は同じでも、微妙にいい時のバッティングからずれてきてしまうことがあります。なので、チームに打撃をチェックしてもらう人(観察眼に長けた人が理想)を作るといいです。(打撃論は人それぞれなので、自分に合う人に絞った方がよい。)

以上

まとめ

1以外はそんな変わったことはしていません。今年は自分のバッティングをもう一歩進化させて、狙ったら長打を打てる!っていうとこまで行けたらいいなと思います。

とある本では草野球では5割打てる!と書いていましたので、いずれは5割打ちたいですヽ(´ー`)ノ

 - 草野球

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Victoria League ロゴ
決勝戦をプロ球場で行う草野球大会(関東)「Victoria League」

昨日今年初の草野球の試合で、すっかり野球熱が高まったみたんごです。 今日は盛り上 …

2013-03-12 00.02.43
あなたのピッチングを向上させるための5つの施策

写真は高校の頃の私(;・∀・) おそらく、WBCに感化されてピッチングのことで頭 …